始め方と費用

金塊

純金積立は金販売会社のほか、ネット銀行や証券会社などでも利用できる金融サービスの一種です。文字どおり純金を投資対象にして、毎月コツコツと積み立てていくところに特徴があります。利用したい場合は、まずサービスを提供している会社に年会費を支払って会員になります。次に毎月の購入額を決めて、口座振替の設定を行います。そうすれば毎月定額が自動的に引き落とされ、かわりに純金の現物が積み立てられていく仕組みです。なお一般的には純金を購入するごとに一定の手数料が必要になります。この方法だと積立を忘れる心配がなく、投資対象をいちいち売買する手間が省けるため、多忙で資産運用している暇がないという方にも向いています。

初心者に向いている理由

金塊

純金積立は投資の初心者にも向いていることから注目を集めています。その理由のひとつは、一口1000円程度の少額から始められることです。純金を直接購入しようとすると、1キロあたり数百万円の資金が必要になり、一般の方は簡単に手を出せないでしょう。また純金を保管するために金庫が必要ですし、銀行に預ければ保管料を取られます。純金積立の場合は保管料が不要で、毎月確実に資産を増やせるというメリットがあります。もちろん解約する際には、投資した額の純金を手元に引き取ることができますし、現金に替えて受け取ることも可能です。純金はそれ自体が価値のある現物なので、株券のように紙くずになってしまう心配がありません。相場の変動はありますが、たとえ天変地異や戦争が起きても一定の価値を保つことができます。こうした安全性の高さも、純金積立が支持されている理由のひとつと言えるでしょう。

長期的な視野で

金塊とお金

純金積立は安全性が高い反面、短期間で大きく儲けるには向いていません。一か八かの勝負をしたいなら、株式投資やFXを利用したほうが良いでしょう。無論純金にも相場変動があるので、安い時に買って高い時に売ることは可能ですが、純金積立は長期的に少しずつ購入するところがポイントです。こうすることでリスクが平均化され、一時的な相場変動にかかわらず、安定した利益を期待できるようになります。そのため純金積立は投資初心者だけでなく、資産運用のポートフォリオのひとつとして、経験豊富な投資家にも注目されています。なお純金積立を利用する際には、年会費や手数料を比較して、なるべくコストの低い会社を選ぶのがコツと言えます。

広告募集中